中秋の名月(2013年)と十五夜。秋を感じる日本の風情。ついでに彼岸の入りも。

9月になると、ぽっかりと、くっきりと、

美しく浮かんでくる、まんまるのお月様。

涼しい夜風が吹いてくるこの時期に、(2013年は残暑厳しそうですが…)

ステキな演出をしてくれる、中秋の名月(=十五夜)。

今日は中秋の名月こと十五夜について。

 

中秋の名月

 

 

中秋の名月とは

 

秋まっただ中に夜空に浮かぶ、まん丸のお月様のこと

中秋の名月

呼びます。
旧暦の8月15日の夜にでる満月が中秋の名月とされていますが、

現在は、新暦で数えるとズレが生じるために

大体9月7日から10月8日の間に出る満月を中秋の名月と呼んでいます。

 

もちろん、旧暦8月15日の夜の月ですから、

中秋の名月=十五夜 です

 

2013年以降の、5年間の中秋の名月が鑑賞できる日はこちら!!!

  • 2013年 9月19日(木)
  • 2014年 9月8日 (月)
  • 2015年 9月27日(日)
  • 2016年 9月15日(木)
  • 2017年 10月4日(水)

 

個人的には、日本酒でも飲みながら、秋の夜空に浮かぶ満月を楽しみたいですね♪

(2015年くらいまでには、日本酒飲めるようになりたいですw)

 

なぜこの日にお月見団子を食べるのか

 

お月見は9月に行われることが大半です。

この時期は、ちょうど(筆者の大好きな)秋の大収穫の手前ですよね^^

 

お月見団子の意味は、この秋の収穫とからんでいます。

作物の大収穫を願って、お月様に捧げるものが、”お団子”であると言われてます。

 

月が出てくる方角へ、机や三方などを置いて、

その上に月見団子やすすきなどを飾るのが一般的なようです。

 

ちなみに!

お月様を眺める慣習というのは、もともとは中国からきたものだそうです。

 

中国では、十五夜に月餅(げっぺい)という甘いあんこなどが入ったおまんじゅうを食べながら鑑賞していたとされています。

(現在では十五夜の1ヶ月以上前から食べられているようで、あまり十五夜の月見とは関係なくなってきているようですが。)

 

筆者、個人的に思うんですけど、

なんか中国人がお月様を見ているなんて、想像できません。(深い意味はないですが。)

 

目をつむってイメージしようとしても、できないんです。

この感覚、何なんでしょうか。とっても違和感。

 

日本人は、「月見-団子-浴衣-縁側」と言う感じでイメージが膨らみますが、

中国だと、どんな格好で月餅を食べながら、月を見るんでしょうね。

興味深いところです。

 

あと、月餅についてですが、、、

完全に余談ですが、、、

筆者が食べたベトナムの月餅は、かなり美味しくなかったです。(なんか、麺とか入っていましたw)

スポンサードリンク

 

彼岸の入りについて

 

中秋の名月と同時期にやってくる彼岸の入り

大体、9月20日から26日の間が彼岸の入りとされています。

彼岸の入りは、先祖に感謝を述べる日です。

 

(筆者が大好きな)おはぎを食べます♪

 

このおはぎにも意味はあって、

小豆の赤色が災難などから身を守ってくれるといういわれがあり、彼岸の入りにおはぎを食べられるようになったそうです。

 

ちなみに…!

おはぎとぼたもちは同じものだそうで、

春に食べるのは、牡丹の花になぞらえて「ぼたもち」

秋は萩で「おはぎ」

だそうな・・・( ̄▽ ̄)ノ

 

おはぎのレシピご紹介!!

 

<おはぎの作り方>

●あんこの作り方

  1. 小豆をたっぷりの熱湯に入れて、1時間ほど置きます
  2. 1時間後、アクの出た熱湯を捨てて水を注ぎ、小豆をしっかりと洗います
  3. 鍋に小豆とたっぷりのお水を入れて、沸騰したら弱火にして煮ます
  4. 途中で水分が減ったらお湯をたして、あくを取りながらさらに煮ていきます(指でつぶれるくらいに柔らかくなればOK)
  5. 砂糖を数回に分けて加え、ごく弱火で煮詰めていき、仕上げに塩を少々
  6. 水分が少し残った状態で完成です。余熱で水分が飛んで調度よい固さになります

 

●もちの作り方

  1. もち米と白米を1カップずつ合わせて洗い、炊飯器にいれて炊きます
  2. 炊き上がったら10分ほど蒸らして、水をつけたすりこぎでついていきます
  3. だんだんとまとまって餅っぽくなっていきます
  4. 温かいうちに手でまるめてます。(手に水を少しつけると、ストレスなくまるめることができます。)
  5. 手のひらにラップを広げ、あんを載せて餅を包んでいきます。

↓↓↓↓ 楽をしたいあなたへ(笑) ↓↓↓


おはぎ6個入り

おはぎ6個入り
価格:787円(税込、送料別)

 

こんな感じで出来上がりです!

お子さんがいらっしゃる家庭では、おはぎを一緒に丸める作業ができるしおすすめです!

楽しい時間となりますよ♪

好みの甘さにも調節できますしね!!

 

最後は、花より団子的になってしまいましたが、(笑)

中秋の名月をみながら、ご先祖様に感謝を述べて、美味しいおはぎをいただきたいもんです。

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す