陸蓮根って読めますか?読めない人必見、誰でも知ってる野菜です。(筆者読めませんでした…)

 

「陸蓮根」って読めますか?

もちろん、筆者は読めません!!(どやっ!)

オクラ

 

見た目はシンプルなのに、切ると断面が星型で可愛らしく、

身体に良いねばねば成分が入っている。

 

私も大好きな野菜の一つです。

 

味噌汁にも、和え物にも、炒め物 だってイケちゃう優れものです。

 

そもそも「陸蓮根」って何?

 

「陸蓮根」

なんて読むと思いますか?(写真が答えなってますがw)

 

・・・

陸蓮根は「おかれんこん」と読みます!

(煽っといて、オクラとは読みません!引っかけ失礼しました!)

 

オクラには、さやを輪切りにした時の形と、食感がれんこんに似ているとされ、

「陸蓮根」という名前がつけられました。

 

実は「オクラ」は英語名なんです。日本語みたいに聞こえますけど。

アルファベットでは、okra です。

gombo とか、angled loofah などと言ったりもします。

 

気になるオクラ(陸蓮根・おかれんこん)コイツはいったい何者?

 

オクラは、アオイ科トロロアオイに属する野菜。産地はアフリカという説が有力です。

日本へは江戸時代末期に伝わって、アメリカから伝わってきたため当時は「アメリカネリ」と呼ばれていました。

(ネリとは、紙すきの時に、糊として使われたトロロアオイのこと)

 

世界各地では、古くから食用とされてきていたのですが、

当時の日本では、「オクラ」の独特の粘り気に好き嫌いが分かれ、しばらくは観賞用植物の位置づけ。

食用になるまではかなりの時間がかかり、今のように一般的になったのは、昭和40年代頃からとされています。

暑さに丈夫なオクラが、夏のハウス栽培で育てることが出来る野菜としてその地位を築き、さらに栄養満点な食品として普及していきました。

 

オクラは主に夏にスーパーなどに並びます。

今では外国産などもあり1年中買うことができますが、旬は6~9月です。

 

暑さに強く、真夏でもハイビスカスに似た美しい黄色い花を次々咲かせ、実を結んでいきます。

一方、寒さには弱くて、10℃以下になると成長が完全にストップ!!

まさに、真夏の野菜ですね

 

オクラは葉の根元にさやをつけます。

そのさやは何日かで成長しますが、成長しきっていない若いさやが食用になります。

成長しすぎると、さやが固くなってしまい食べることができません。

スポンサードリンク

 

新鮮なオクラに出会いたい!

 

どんな野菜も、新鮮なものを食べたいですよね!

スーパーなどで、どんなオクラを選べばいいのでしょう?

 

<オクラを選ぶコツ>

  • オクラの表面の白いうぶ毛がしっかり均一に生えそろっているもの。
  • へたの切り口が新しくしゃきっとしているもの。
  • 色が鮮やかな緑色のもの。
  • 大きすぎないもの。

 

「同じ値段なら、大きいもの!!」

と、つい手にとってしまいがちですが、成長しすぎてしまうと味が苦くなりますので、避けてくださいね!

 

ちなみに、オクラの絵本というものを見つけましたが、

心がほんわかして、和みます。

 

↓オクラの絵本はこちら↓

オクラの絵本

オクラの絵本
価格:1,890円(税込、送料別)

 

ちなみに、レシピは載ってませんのでご注意を!

オクラレシピが気になる方は、下記をどうぞ☆

 

オクラを美味しく食べるには・・・

 

オクラは茹でるだけで、そのまま口にしても、十分美味しい野菜です。

また、茹でたオクラをマヨネーズで!

胡麻和えに!

おかかや鰹節と合わせたり!

納豆やめかぶと混ぜて一緒に食べても美味しいですね!

 

ゆでたオクラをバターと醤油でさっと焼いたものは、子ども喜んで食べてくれます。

 

ただし、茹でるのにもコツがあるようです。

  • ゆでる時は切らずに一本そのままでゆでます。(切ってゆでると、オクラに水が入り水っぽくなってしまいます。)
  • 固い茎部分はつい食べられないと思って切ってしまいがちなのですが、ゆでれば食べられます。茎の出っ張った茶色の部分だけ、軽く切り取ります。
  • ゆでる前にオクラを塩で揉んでそのまま湯に入れると、色鮮やかになります。
  • さっと茹でて(1分45秒~2分位)冷水にあげて、しっかり冷めてから水気を切って保存します。※使い切れないときは、細かく刻んで小分けにして冷凍してもOK

 

ちなみに、生のオクラは温かいところで採れる野菜なので、乾燥・低温に弱いです。冷蔵庫に入れる場合は、冷やしすぎないように、新聞紙などに包んで野菜室で保存してくださいね。

 

オクラの健康パワーを教えて!

 

刻むと糸をひく、オクラ独特のねばねば成分は、ペクチンという食物繊維と、ムチンという糖たんぱく質の影響です。

ペクチンは、腸の調子を整える作用があり、血糖値の上昇を抑えて血圧を下げたり、コレステロールを下げる効果があります。

ムチンは、胃の粘膜を保護したり、たんぱく質の消化を促してくれます。

他にもβカロテン、ビタミン、カリウム、カルシウムなど多くの栄養を含む素晴らしい野菜!!

その名もオクラ!!(イェイ♪)

免疫力アップも期待できます。

ペクチン、ムチンは水溶性なので、オクラが柔らかいうちは生で刻んで食べると栄養をしっかりとることができます。

加熱する場合も、さっとゆでる程度なら、栄養素は損なわれません^^

夏バテで食欲がないときに、食べ過ぎや飲みすぎで胃が疲れているときに・・・

この夏オクラは、必須の野菜になりそうです!!

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す