アルカリ性ダイエットって何?セレブに大流行りの最新ダイエット♪

 

巷には、色々なダイエットがあります。

その中でも、セレブに大流行りのダイエットがあるんです♪

 

健康志向で知られるグウィネス・パルトロウや、

ジェニファー・アニストンなどのハリウッド女優たちが実践しているのが

「アルカリ性ダイエット」

 

ヴィクトリア・ベッカムがツイッターで話題にしているのをこの前目にしました。

これは・・・、早速、調査するしかなさそうです^^

 

アルカリ性ダイエット

 

「アルカリ性ダイエット」って何?

 

アルカリ性ダイエットとは、

読んで字のごとくという感じのダイエットで、アルカリ性のものを食すものです。

 

つまり、まずは食べ物を酸性とアルカリ性に分けます。

そして、一回の食事の70%をアルカリ性食品にしていくのです。

 

酸性の食品は腎臓や肝臓に負担がかかりますので、食事をアルカリ性にすることで、pH値を理想の値にしていくのが目的です。

 

pH値とは

pH値とは、水溶液中の水素イオン指数(濃度)を示します。

人の血液のpH値は正常で約7.35~7.45で、弱アルカリ性です。
(中性が7.0)

異常値を示すと、体内の恒常性が保たれていないことになります。

正常値よりも酸性に傾くことをアシドーシスといい、7.0以下になると昏睡症状が出ます。

正常値よりもアルカリ性に傾くことをアルカローシスといい、7.7以上になると痙攣などの症状が出ます。

スポンサードリンク

 

食品の酸性・アルカリ性については食品そのものでなく、食品に含まれるミネラルが酸性かアルカリ性かで判断します。
具体的な食品は・・・

  • 酸性食品:肉、魚、卵、砂糖、玄米などの穀類
  • アルカリ性食品:野菜、果物、海藻、きのこ類、大豆類

これをみると、最近の欧米化した食生活では、

いかに酸性食品が多く、アルカリ性食品が不足しているのが分かります。

 

また、「アルカリ性ダイエット」はダイエット効果はもちろん、

頭痛、不眠症、生活習慣病の予防などさまざまな効果があるようです。

 

この「アルカリ性ダイエット」を紹介した本

『Honestly Healthy』の著者ナターシャ・コレットさんは、

12.7㎏のダイエットに成功したようです!

 

“Honestly Healthy “はこちらから

 

アルカリ性ダイエットの注意点・・・

 

でんぷん質を含む穀物や野菜は摂り過ぎないようにしましょう。

具体的には、白米、パスタ、ポテト、肉、魚、卵、乳製品などです。

ドリンクに関しては、コーヒー、紅茶、炭酸飲料、アルコールは控えた方がいいでしょう。

 

逆にアルカリ性の高いもの、例えば

  • りんご、みかんなどの果物、
  • かぼちゃ、人参などのでんぷん質を含まない野菜
  • オリーブオイル

などは積極的に摂取しましょう。

 

アルカリ性ダイエットにおすすめのドリンクは、水やハーブティーなどです。

 

アルカリ性の食品 7 : 酸性食品 3

 

の割合で、バランスよくいただきたいものです。

 

「アルカリ性ダイエット」お勧めの水は?

 

アルカリ性ダイエットには硬水がお勧めです。

ダイエットに必要なのは、ミネラルの中でも、マグネシウムとカルシウム

 

マグネシウムとカルシウムは、

ダイエット中のストレス解消や便秘予防にもいいようです。

 

1日3回以上似分けて、

1.5ℓ前後のお水(硬水)をこまめに飲んで、快適に過ごしたいところです。

 

おすすめ硬水「コントレックス」こちらから↓

筆者おすすめの硬水です。

お通じがかな〜りよくなる、お得つき♪

 

 

おすすめ硬水”炭酸水”「ペリエ」はこちらから

筆者が一番好きな炭酸水は、なんと硬水でした♪

得した気分^^

 

 

「アルカリ性ダイエット」のレシピ

Honestly Healthyから、とっても簡単なレシピを紹介です☆

 

アボカドトースト(2枚分)

アボガドトースト

  • アボカド1個を程よい大きさに切る
  • オリーブオイル(大さじ1)とレモン(1/2個)を絞った汁、黒こしょう(適量)を混ぜる
  • 混ぜたアボガドをトーストした全粒粉パンにのせる。

 

グリーンジュースと一緒にいただくのがお勧めです。

 

 

アルカリ性ダイエットを紹介してきましたが、身体にとって酸性食品も大切です。

 

”食事を抜くのは、ダイエットじゃないんだなぁ。”と、改めて思いました。
バランスよく食べて、動いて、暑い夏を乗り切りたいですね!

もちろんナイスバディになりたいけど!!(^^)

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す