妊娠中のインフルエンザ予防接種っていいの?ダメなの?

そろそろ、インフルエンザの予防接種の季節です。

読者様からこんな質問いただきました。

妊婦さんは、インフルエンザの予防接種していいの?

妊娠中の予防接種

 

毎年冬になると大流行する、インフルエンザ。

ここ数年は新型インフルエンザも出現してきました。

インフルエンザが発症すると、高熱になり、体も痛い、外出禁止・・・

 

「辛い思いをするより前に予防接種を」と思ってみたものの、

妊娠中って、インフルエンザの予防接種をしても大丈夫なのでしょうか?

お腹の赤ちゃんに影響がないのか、気になるところです。

 

妊娠中、予防接種を受けてもいいの?

 

インフルエンザのワクチンは「不活化ワクチン」です。

毒性をなくした細菌から必要な成分を取り出したものです。

「不活性ワクチン」の反対は、「生ワクチン」です。

生ワクチンは、体に弱く感染させて免疫を作るものなので、副作用が出ることがあると言われています。

 

インフルエンザは「不活性ワクチン」を駆使する予防接種なので、

理論上、妊婦さんが接種しても胎児に影響はありません

 

(世界的にインフルエンザワクチンを接種しても胎児に異常の出る確率が高くなったというデータは無いようです。ですが、安易に決断せず、主治医によく相談をして判断してください。)

 

インフルエンザの予防接種を受けるとしても、赤ちゃんを守る胎盤が完成する16週目以降とした方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

妊娠初期はさまざまな理由で、流産する可能性の高い時期であるため、少しでも体への変化を避けたいところです。

そのため、妊娠初期は一般的に予防接種は避けたほうがよいと考えられています。

 

ちなみに!

基本的には、インフルエンザの予防接種は、鶏卵・鶏肉・ゼラチンにアレルギーをお持ちの場合は接種できません。

けれど最近は、ゼラチンが入っていないワクチンもあるようで、主治医にご相談ください。

 

妊婦さん用の予防接種があるの?

 

特段、妊婦さん用の予防接種というものはありません。(残念です。)

妊婦さん用ではありませんが、防腐剤のチメロサール(水銀)が入っていないインフルエンザワクチンがあります。

小児科や産婦人科では扱う所が多いようです。

しかし、病院によって、防腐剤に関しての考えはさまざまなので、取り扱っているいない病院もあります。

ちなみに、インフルエンザワクチンに含有されるチメロサールは、まぐろのお刺身一切れに含まれる量の1/10と言われます。

しかも、まぐろに含まれる水銀は”メチル水銀”という体内に蓄積しやすいものですが、インフルエンザワクチンに使われるのは”エチル水銀”というすぐに体外へ排出される安全なものです。

とはいえ、身体の中に水銀を入れたくないという人は多いですから、水銀なしのワクチンはかなり需要があります。

ただ、チメロサール(水銀)を含まないインフルエンザワクチンは、チメロサール(水銀)を含むワクチンよりも少々お高いようです。

 

費用はいくらかかるの?

 

インフルエンザ予防接種の費用は、各病院が自由に決めていいことになっているので、

気になるお値段は、2000円台から6000円台までと、病院によってかなり違いがあります。

 

平均は3000円前後で、筆者は3,000円で接種した記憶しかないです。

 

ちなみに、ワクチン2人分(アンプル1本)の原価が3000円位とされていて、2人同時に申込みをすると、安い費用で予防接種をすることが出来る病院もあるようです。

病院によっては、完全予約制だったり、定員が決まっていたりします。

事前に問い合わせるのが良いと思います!

 

妊娠中にインフルエンザにかかったら

 

妊婦さんがインフルエンザにかかったらどうなるのでしょうか。

 

胎児に影響が出るのではないか・・・?

 

そう思いがちですが、インフルエンザのワクチンが直接胎児に影響を与えることはありません。(予防接種も問題ないわけですし。)

怖いのは、妊婦さんが合併症等を起こす事。

 

<WHOは>
インフルエンザにを患った妊婦は肺炎などを合併しやすく、基礎疾患がある方と同様に重症化しやすい。
妊娠週数が進むにつれ、より重症化しやすいことを示している。
妊娠28週以降の妊婦は特に重症化の危険が高い。

 

こう言われていますので、妊婦さんはインフルエンザにかかることを避けなければなりません。

だからこそ、予防接種が必要です。

 

それでも、インフルエンザにかかってしまった場合は?

 

<WHOは>
婦はインフルエンザが重症化しやすく死亡しやすいことが明らかである。
簡易検査の偽陰性率が高いことも報告されている。
簡易検査結果いかんにかかわらず、症状等により新型インフルエンザが疑われる場合には、速やかな抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)投与が勧められる。

 

ですので、インフルエンザにかかってしまった場合は、迷わず病院で”薬の投与を含む”治療をしてもらうのが最善策だと思われます。

 

国際的にはインフルエンザワクチンは安全と考えられています。

心臓病、糖尿病などの合併症をお持ちで、さらにインフルエンザが悪化しやすい妊婦さんは積極的に、予防接種を行う事を考えていいと思います。
さらに、人ごみを避けたり、マスクをしたり、手洗いうがいを欠かさずにやって、予防に努めましょう。
また、インフルエンザ予防接種によって、十分な免疫が出来るのは2週間位です。

流行時期から逆算して、早めにインフルエンザ予防接種を受けましょう♪

 

この記事が、みなさんの一助となれば幸いです。

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す