帯状疱疹の原因!うつる病気?再発は?(考察その2)

帯状疱疹の考察記事、第二弾です★

第一弾はこちらをご覧ください^^
↓↓↓

<帯状疱疹の初期症状と治療法!ヘルペスウィルスを退治(考察その1)>

 

現代日本人が発症しやすく、身近な病気。

帯状疱疹

最近は、発症が若年化してきているようです。
(筆者は、12歳で発症しましたがw)

帯状疱疹

 

帯状疱疹の原因。20~30代でも発症しやすい?

 

帯状疱疹の原因はヘルペスウイルスです。

このヘルペスウィルスは、
小さい頃にかかった「水ぼうそう」のウイルスと同様のウイルス

 

このウイルスの厄介なところは、
体の神経節に潜んでいて、長い場合は何十年も潜伏し続けます。

そして、免疫力が低下したとき、
待っていたウイルスが途端に活動を始めます。

そして、帯状疱疹が発症するのです。

 

免疫力が低下する原因には、
ケガや過労、手術や病気による免疫抑制薬の使用、高齢化などがあげられます。

ですから、今までは帯状疱疹は50歳を超えると発症しやすいと言われていました。

 

でも、最近は20~30代の一番活発な年代でも、
社会的な精神的ストレスなどで体を崩す方が増加しています。

そして、ストレスや過労で弱ったときに、帯状疱疹を発症する方が増えています。

現代の社会環境により、もともと50歳以上の高齢者に発症しやすかった帯状疱疹が、
近年、その発症が若年化しているのです。

12歳で発症した筆者って、いったい・・・w)

帯状疱疹の原因

 

 

帯状疱疹はうつるのか?

 

帯状疱疹が他人にうつることは、ほとんどありません。

一方で、帯状疱疹にてできる水ぶくれの中には、
水ぼうそう(水疱瘡)と同様のウイルスが存在します。

ですから、水ぼうそうにかかったことのない人には移る可能性があるので注意です。

スポンサードリンク

もちろん、うつった場合は水ぼうそうの症状が出ます。

水ぼうそうにかかっていない、妊婦、赤ちゃんや幼児などがいる場合は、
接触しない&タオルを共用しないよう注意してください!

 

帯状疱疹の再発の可能性は?

 

一度、帯状疱疹を発症すると、その後の発症確率が上がるのは事実です。

免疫力が低下していなければ大丈夫なのですが、
少しでも免疫力が落ちると、帯状疱疹を再発する可能性が高まります

 

再発の痛みは、初回よりは穏やかなのですが、
やはり鈍い痛みが続いたりするのは変わりません。

今の医学では、帯状疱疹を一度で完治させるのは難しいといわれています。

ヘルペスウイルスを一度で消滅させることはできないということです。
つまり、対処療法でしかないのが現状です。

 

筆者の友人も、30代に入って、子育てなどで眠れない日々が続いた際は、
定期的に帯状疱疹に悩まされていました。

年齢とともに免疫力が落ちるのは仕方のないことですが、
自分の体は自分でしか守れません。

 

帯状疱疹に打ち勝つのは免疫力の維持です。

疲れたと感じるときは、必ず早めに休息をとって、
免疫力を高維持できる生活を心がけましょう。

 

↓↓こちらを参考にしました^^↓↓

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す