多汗症を治す方法は?多汗症の原因は?定義は?多汗症あれこれ。

 

「多汗症」って何でしょう?

すごく暑いわけでも、運動をしたわけでもないのに大量の汗をかく、

汗の量が人よりも多い症状が「多汗症」の定義っぽいですが。

 

夏・・・。

ただでさえ暑いのに、汗がだらだら止まらない「多汗症」には困りもの・・・

何か良い方法ってないのでしょうか?

 

Wl’0u0O0sY'`

 

「多汗症」っていったいどんな病気?

 

「多汗症」とは、身体の中に2つある汗腺、「エクリン腺」と「アポクリン腺」のうち、

エクリン腺から汗が大量にでる病気のことをいいます。

手のひら、わきの下、足の裏や顔などの身体の特定の部分での多量の発汗を「局所性多汗症」と呼び、

全身に発汗があるのを「全身性多汗症」といいます。

一般的に「局所性多汗症」の人が多いようです。

 

「多汗症」ってどうしてなるの?

 

もともと汗とは、蒸発する時に身体の熱を奪って体温を下げる役割をする、人間にとって大変重要なものです。

人間の脳が「体温を一定に保つように汗を出しなさい」という命令を出しています。

 

人間は自律神経は交感神経と副交感神経の2つで、身体を調整しています。

 

ストレスなどで自律神経のバランスが崩れると、交感神経の働きが強くなりやすく、

汗腺が活発に動くようになり、汗をかきやすくなるというのが多汗症のメカニズム

 

つまり、ホルモンバランスが原因で自律神経が乱れて多汗になるのです。

ですから、産後や更年期によく多汗症が発症します。

 

「多汗症」の多くの原因がストレス、緊張、不安などの精神的な問題な場合が多いです。

 

また、熱いものや辛いものを食べた時に特に多く汗が出ることがあります

「味覚性多汗症」と言われることもあります。

 

多汗症が多汗症と認識されればいいのですが、

気をつけなければいけないのは・・・

スポンサードリンク

 

多汗症と大病を勘違い

 

気をつけなければいけないのは、根底に何らかの病気があって、多汗症(の症状)になるケースです。

内分泌異常、代謝異常、循環器疾患や中枢神経の異常など・・・

具体的には、バセドー病、褐色細胞腫、末端肥大症、急性リウマチ、結核、糖尿病などの病気で汗が多くなる場合。(もしくは多汗症との併発)

急に多くの汗をかくようになったら、このような病気の可能性もあるかもしれませんので、病院へ行くことをお奨めします。

 

気をつけたいけど・・・対策ってないの?

 

まず、自分がなぜ「多汗症」なのか原因を知ることが大切です。

その原因が分かったら、それを取り除くようにしていくことです。

 

まずは、

 

●ストレスを溜めないようにしましょう。

リラックスし、心にゆとりをもつよう心がけます。

 

そうは言ってもという方は、⬇

 

●食事に気をつけます。

発汗作用のある辛いものや刺激のあるものを控えます。

 

他には、

 

●制汗剤の利用。

色々な種類がありますので、自分に合ったものを探しましょう。

一時的ではありますが、手軽に対策できますね。

 

●衣類に気をつける

雑菌が繁殖してしまわないように、汗はこまめに拭き取ります。

汗をかいても気にならないような服を着たり、汗取りパットつきも最近よくありますので、そういうものを利用するのもいいと思います。

 

それでもどうしても気になるようでしたら

 

●医師の診察を受けましょう。

精神的なものでしたら、心の不安を医師に伝えることで原因を取り除いていくことが出来きます。

 

 

最後の手段は、とにかくヘトヘトになるまで運動しましょう。

心の疲れと体の疲れに差が開くと、鬱の症状になることが多いです。(科学的に証明されています。)

 

ですから、力技ですが、ストレスを軽減するために、

体をヘトヘトにして、心のヘトヘトに近づけます。

 

そして、

ストレス軽減➡多汗症改善

このメカニズムに持っていきましょう。

 

多汗症その2へ続く。

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す