多汗症を「ミョウバン」で撃退する!?

前回、多汗症の話をしました。

今回は多汗症を「ミョウバン」で改善する話です。

 

686d7401

「ミョウバン」って聞いたことがありますか?

色を良くするために、漬物などによく使われる食品添加物です。

薬局やスーパーなどで買うことが出来ます。

 

「多汗症」にミョウバンが効く?

 

「生ミョウバン」「焼きミョウバン」どちらでも大丈夫です。

汗を抑える制汗作用の他に、殺菌作用や収れん作用もあります。

ちなみに、「ミョウバン」は水に溶かすことで酸性になり、細菌が増えるのを押さえ、

臭いを抑えるのに効くようです。

ご自宅で「ミョウバン水」を簡単に作ることが出来ます!

 

気になる「ミョウバン水」の作り方は・・・

  • 焼きミョウバン50g(生ミョウバンなら75g)を水1.5リットルで溶かします。(1.5リットルのペットボトルを使うと簡単にできますね!)
  • すぐには溶けないので2~3日の間日光の当たらない涼しいところに置いておいてください。
  • ミョウバンが溶けて、透明になったら出来上がりです。その溶かしたものが「ミョウバン水」の原液になります。
  • この液を20~50倍の水で薄めてお肌に塗ります。
  • 始めは、ほんの少しずつお肌に塗ってみてくださいね。お肌がピリピリするようでしたら、さらに水で薄めて様子を見てください。
  • 保管する時にはそのまま冷蔵庫に入れられます。

簡単ですね^^

スポンサードリンク

 

「あー、でも、やっぱりめんどくさい!!」という人は(笑)

こちらをどうぞ↓↓↓


【30%OFF・メール便で送料無料】柿渋石鹸/デオドラント/制汗剤/ミョウバン柿渋石鹸/ミョウバン...

ミョウバン柿渋石鹸
価格:840円(税込、送料込)

 

「多汗症」を治すには

 

「多汗症」の治療には、

働きが強くなりすぎてしまった交感神経の動きを止めたり、取り除くことが効果的のようです。

  • ボトックス注射:ボツリヌス菌を注射することで、交感神経をブロックして、汗腺の動きを止め、発汗を一時的に抑えます。
  • 腔鏡下胸部交感神経切除(遮断)術:胸の中にある多汗の原因になっている胸部交感神経を、内視鏡で見ながら取り除く(遮断する)手術です。手のひらの多汗の改善や解消にはいいようです。身体の違うところが多汗する、代償性発汗が起こることがあります。
  • 星状神経節ブロック療法:喉にある神経節で、首の骨を作っている骨の7つある頚椎の一番下の第七頚対椎の両脇あたりにあります。この星状神経節に少量の局所麻酔薬を注入することで、交感神経の動きを一時的にブロックする方法です。(「多汗症」はもちろん、アレルギー症状や慢性関節リウマチなどの上半身の痛みを伴う症状の治療法でもあります。)

「多汗症」には、この他にも治療法がありますが、症状に応じて選ぶことが大事です。

一時的にブロックする方法は、繰り返しの治療が必要になり身体に負担をかけることもあります。

判断を急がずじっくり考え、医師に相談したりすることも必要かもしれません。

多汗症・・・

暑くなってくると、どうしても気になってしまいますね。

これらの知識が少しでもお役に立てればと思います。

爽やかな夏を迎えましょう!

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す