新社会人必見!社会人1年目が習得しておきたい、最低限の正しい敬語^^

敬語とは、相手を尊重したり、立てたりするための言葉遣いで、
相手に対して自分がどう接していきたいか、自分の意思を伝えるものです。

コミュニケーションをスムーズにしていくためにとても重要です。
新社会人にとっては「あいさつ」と共に特に必要となる「敬語」

身につけていきましょう!

 

 敬語の種類

 

新社会人

 

昔は、敬語は「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つに分かれていました。
筆者世代は”3つの敬語”になじみがあるはずです^^;

しかし、2007年2月2日、
文化審議会の国語分科会の「敬語の指針」により、
謙譲語と丁寧語が細かく分かれ、5分類になりました。

  • 尊敬語・・・目上の方に対して、相手を高めて表現すること。
    相手への敬意、心遣いを表します。
    相手の行為を「なさる」「いらっしゃる」と表現したり、
    「お」(お名前、お宅)や「ご」(ご両親)をつけたりします。
  •  謙譲語(謙譲語Ⅰ)・・・自分側を低めて表現すること。
    自分側から相手側のその向かう先に対する敬意、心遣いを表します。
    「伺う」「申し上げる」と表現したり、「お」「ご」をつけます。
  •  丁重語(謙譲語Ⅱ)・・・謙譲語Ⅰと同じく自分側を低めて表現すること。
    Ⅰとの違いは、相手に対する敬語です。
    自分の行為を丁重に述べることで、聞き手に敬意を払います。
    「いたす」「申す」と表現したり、「弊」(弊社、弊宅)をつけたりします。
  •  丁寧語・・・聞き手に対し、丁寧な言葉使いをします。
    相手への敬意、心遣いを表します。「です」「ます」「ございます」という表現です。
  •  美化語・・・言葉を美しく表現する言葉。
    敬意を含まない場合でも使えます。
    「お」(お菓子、お酒)、「ご」(ご飯、ご祝儀)などです。

スポンサードリンク

 ありがちな敬語表現の間違い

 

ありがちで間違えやすい敬語の例をご紹介!
× 「伺わせていただきます」
○ 「伺います」

二重敬語の間違えです。
二重敬語とは、一つの言葉に二つ以上の敬語をつけてしまう表現。
「伺う」は謙譲語ですので、さらに「いただく」の謙譲語をつける必要はありません!

 

× 「了解しました」
○ 「承知しました」「かしこまりました」

「しました」は丁寧語ですが、「了解」は尊敬語にはなりません。
部下や同僚などに使ってもいいですが、
目上の方には「承知しました」「かしこまりました」の方が適当です。

 

× 「わが社の・・・」
○ 「弊社の・・・」

「わが社」は社内で使う言葉です。「弊社」は自分の会社をへりくだっていう時に使います。
他社に、自分の会社のことを話す場合には「弊社」を使います。

 

また、筆者もも気になっていた、よく聞くことの多い日常語、
「ご苦労様でした」 & 「お疲れさまでした」ですが、
「ご苦労様でした」は目上の人が目下の人に使う言葉です。

目上の方には「お疲れ様でした」を使いましょう。
結構間違えている方が多いのでは?

 

 敬語の使い方であれっ?と思った時

 

最低限の敬語

 

「とんでもございません」

「とんでもない」で一つの言葉になります。
「ない」を「ございません」とすることはできません。
「とんでもないです」「とんでもないことでございます」「とんでもないことです」が正解です。

 

(電話などで)「○○はお休みをいただいております」

自社に対してへりくだる言い方になります。
社外の方へ休みを伝える時には、自社に対して敬語をつかうべきではないです。
よって「○○は休みをとっております」「○○は休んでおります」です。

 

「・・・当社の社長さんがおっしゃっていました」

自社の会社の社長であっても「さん」をつけるのはおかしいです。
こちら側の身内にあたりますので、呼び捨てにします。
「・・・当社の社長が申しておりました」が正解です。

 

いやー、こうやってまとめてみると、日本語って難しいです・・・
「敬語って難しい」「敬語って面倒」と思っている方も多いかもしれませんね。

しかし、敬語がこんなにも発達しているのは日本語だけだそうですよ。

日本ならではの敬語。大切にしていきたいものです^^

 

あなたの役に立ちましたら、SNSでシェアしていただけますと幸いです^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す