ハロウィン 仮装とメイク!どこから伝わったどんなお祭りなのか?

秋になると飾られている、かぼちゃ。

ハロウィンの象徴です☆

大きなかぼちゃに顔を掘られた、黄色の”おばけちょうちん”がトレードマーク!

このハロウィン、そもそも何の行事で、どんなことをするのでしょうか?

また、仮装とメイクの正しいやり方って、あるのでしょうか?

 

ハロウィンとはどこからやってきた行事?

 

ハロウィン

 

キリスト教で、毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日があります。

その前夜祭がハロウィンです。

だから10月31日なんですね。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す伝統的なお祭りです。

起源は古代ケルト民族
その昔、ケルト民族は1年の終わりが10月31日とされていて、
その晩は死者が帰ってくる日で、10月31日をお祭りとしていました。

けれど、死者が帰ってくるということは、
よい霊だけでなく時には悪霊も帰ってきました。

悪霊が悪さをしたり、子供をさらっていったりしたため、
焚き火をして、悪霊を追い払ったのが始まりと言われます。
(今ではお祭りですが)

なぜハロウィンと呼ばれるかというと、

「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が短縮され、

Halloweenとなったのがはじまりなんだとか^^

 

なぜ仮装するのか?

 

日本では、ハロウィンがここ10年くらいで一気にメジャーイベントになりました☆

筆者はお祭りバカなので、
2000年くらいから10月31日はいつも仮装をして町を練り歩いていました^^;

では、そもそもなぜ仮装をするのか?

前述のとおり、ハロウィーンの日には悪霊が出るとの逸話があります。
仮装には家の周りを徘徊する悪霊たちからの身を守るための、
「魔除け」の意味があるようです。

たくさんやってくる”おばけ”たちに見つからないようにするためですね。

スポンサードリンク
 

ハロウィンのメイク

 

ハロウィンのメイク

 

ぶっちゃけ、メイクはなんでもいいのです^^

それっぽいのが、人気ですが、
グロテスクなゾンビのようなメイクをする方もここ最近は増えました。

でも、顏を作り込むとそれなりに時間がかかりますし、
お金もかかります。

それなのに、顏の表情を変えるたびに形が変わって
メイクがキレイに表現されない、なーんてこともあります。

そこでおすすめなのが、ワンポイントペイントです。

 

こんなのです。
ハロウィン メイク

 

 

こんなのを顏にほっぺにつけるのもアリ♪
蜘蛛の巣 メイク

 

これだけで、雰囲気ががらっと変わりますよ!

 

顏に描くのに抵抗がある方は、↓こういうのもおすすめです^^


【即納!】 ハロウィン メイクシール 顔にも貼れる♪ グリッタータトゥースパイダー 【ハ...

ハロウィン メイクシール 顔にも貼れる♪…
価格:380円(税込、送料別)

とってもリーズナブルですしね!

 

仮装を原因とする射殺事件

 

仮装などが原因で誤って射殺されたり発砲されたりする事件がある。

・・・そんな話をしておきます。

 

すべて実際の事件なのですが、(アメリカで起きたものです。)

黒い服に黒い帽子で仮装していた9歳の少女が丘に隠れようとしたとき、
家族からスカンクと間違えられ散弾銃で撃たれたという衝撃的な事件。

おもちゃの拳銃を持ってパーティをしていたら、
警察官から銃を所持していると勘違いされ射殺される事件。

 

銃大国アメリカでは危機意識が高いということなのでしょうが、
お祭りにこんなことが実際起こるのは悲しいことです。

日本では銃の自由所持は許されないので起こりませんが、
知っておかなければいけないお話だと思い、掲載しました

 

そんな、ハロウィンですが、
事故のないように、盛り上がりたいものです。

最近では100円ショップでもハロウィングッズがたくさん売られるようになりました。

子供たちに仮装してもらうのも楽しみの1つですよね♪
我が家も手作りのハロウィン帽子などを作って被ってもらい、
おうちパーティーを楽しんでますよ☆

みなさんも手軽にハロウィン行事を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す