十日町雪まつり2014!雪祭りは札幌だけじゃありません!

冬のおまつりといえば、「さっぽろ雪まつり」ですよね^^

でも実は、他にも雪まつりがあるのをご存知でしょうか?

おすすめは十日町雪まつり

毎年12月頃になると町一体が雪で埋め尽くされる十日町市は、
常時2~3mの積雪は当たり前の豪雪地帯。

そんな十日町で毎年開催されている、雪まつりをご紹介します♪

 

 十日町雪まつりの由来とは?

十日町雪まつり

十日町雪まつりの始まりは64年前
日本で最も古くから存在すると言われているお祭りです。

当時、厳しい冬の自然環境の中にいながらも、
雪を友とし、雪を楽しもうという住民の気持ちから生まれました。

特徴としては、
市民たちの手で雪だけを純粋に使用し作られる、素晴らしい雪像が見られるところです☆

十日町雪まつり2013の動画はこちら↓

 

 十日町雪まつりのみどころは?

十日町 観光

すべて市民の手で作られた大規模な雪像や、
細やかな細工が施された芸術的な作品は、素晴らしいものばかりです。

2013年は15mにものぼる巨大な船の雪像が登場しました。

広場では、雪の滑り台で楽しめたり、雪洞の中などで地元ならではのグルメも堪能できます!
フィナーレでは花火もあがり、幻想的な風景も☆

そして、毎年豪華なゲストの出演もあり、人気のお祭りなんですよ!
2013年のゲストは稲垣潤一さん、ベッキーさん、LGMonkees、お笑いのテツ&トモさんでした^^

(2014年ゲストは記事後半で!!)

 

 今回はあの有名な朝番組とコラボレーション!!

 

筆者個人的にはかなり大きな雪祭りだと感じている、十日町雪まつり。

けれど、認知度はいまひとつ^^;

雪まつりといえば?
というアンケートで、90%以上の方がさっぽろ雪まつりと答えているのです。

そこで、十日町が認知度を上げるために、NTVが立ち上がりました!
日本テレビで毎朝放送されている、「スッキリ!」とコラボレーション実現です。

「スッキリ!」ならではの「破天荒な雪像」を依頼したようですが・・・

いったいどのような雪像が出来上がるのか!? 見ものですね^^

 

 十日町雪まつり日程とアクセス

 

十日町雪まつり

日時 : 平成26年2月14日(金)~2月16日(日)
場所 : 新潟県十日町市

<電車の場合>

  • 東京から
    東京駅から上越新幹線越後湯沢駅乗換え、ほくほく線で十日町駅 (約1時間50分)
  • 大阪から
    北陸本線で金沢駅乗換、ほくほく線で十日町駅 (約4時間45分)

<車の場合>

  • 東京から【関越道利用】
    最寄ICは関越自動車道 六日町ICもしくは塩沢石打IC
    所要時間は約3時間
  • 大阪から 【名神高速道‐北陸自動車道利用】
    最寄ICは北陸自動車道 上越IC
    所要時間は約6時間

十日町雪まつり中は、道路を使用しての駐車区域(駐車場)が用意されています。
係の方の誘導にしたがって駐車するようにしましょう^^

○第一駐車場
十日町第一駐車場

 

○第二駐車場
十日町第二駐車場

 

○第三駐車場
十日町第三駐車場

 

 パスポートを利用しよう。

十日町雪まつりパスポート

(こちらは2013年十日町雪まつりのものです)

十日町雪まつりをしっかり堪能できるための、
「十日町雪まつりパスポート」があるのをご存じですか?

一冊3,000円で、巡回バスや市内温泉の割引券がもらえて、
雪上カーニバルのパスポート優待ゾーンに入場できりもするお得なパスポートです♪

セブンイレブンやローソン、みどりの窓口で購入可能!

パスポートがあると、ツアー割引きサービスも受けられるのですよ。(下記参照)

【雪の芸術展 雪像見学ツアー割引サービス】
入賞作品ツアー 無料(通常料金:2,500円)
この雪像見学ツアー料金から2,500円の割引サービスが受けられます。

※事前予約が必要です。ご参加の3日前までにお申し込みください。
≪お申込み・お問い合わせ先: 共立観光株式会社 TEL:025-752-4128≫

 

なかなか認知度があがっていない十日町雪まつり。(今年は上がっちゃいそうです^^)

2014年はスッキリ!商品開発部による、破天荒雪像もお目見え!

2014年のゲストは
テノール歌手の秋川雅史さんや、
あまちゃんで有名になった5人組アイドルユニット、ベイビーレイズなどが決まっています!

もう一人の大物ゲストはまだ発表されていませんが、楽しみです!

今年の雪まつりは、いつもとは違った雪まつりを楽しんでみてはいかがですか?

 

あなたの役に立ちましたら、SNSでシェアしていただけますと幸いです^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す