青森ねぶた祭りガイド!ねぶたの由来、跳人、臨時駐車場、カラス・・・毎年8月2日~7日開催!

小中学生は夏休みに突入しましたし、大人も夏休みシーズンが近づいてきましたね!!

みなさんはどのように過ごすか、決めましたか?

筆者が今気になっているのは・・・「東北三大祭り」

そのなかでも、日本一有名ではないかと、個人的には思う・「ねぶた祭り」

ということで、この逸る気持ちを抑えて、見所やポイントを調査!!

 

ねぶた1

 

 

 「ねぶた」の由来

 

ねぶた祭りって日本国民のほとんどが聞いたことがある名前ではないでしょうか?

もちろん筆者も気になるくらいだから、知ってます。

いつ知ったとかではなく、物心ついたときから「ねぶた」という名は知っているという感じです(笑)

 

さてさて、「ねぶた祭り」についてですが、

もともと農作業での眠気を払うたために、「ねむり流し」といった灯篭を流していたのが、

ねぶた祭りの始まりだということです。

青森では「眠い」ことを「ねぶい」と言うそうですが、

そこから変形して「ねぶた」という名称がついたようですね

スポンサードリンク

 青森ねぶた祭りってどんなお祭りなの?

 

雑に、解説すれば、

 

「ねぶた」と言われる大型の張りぼて人形を乗せた山車と、

その周りで踊る「はねと」の大集団が狂喜乱舞、大騒ぎする大迫力のお祭り

 

だそうです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

開催期間は、毎年8月2日~8月7日 まで。

 

曜日とかは関係なく、毎年2日~7日です。

お祭りの日程としては、珍しい設定方法なのではないでしょうか。

 

なんか、心意気を感じます!(´∀`)

 

ちなみに、8月1日は前夜祭が開かれていますよ。
本祭は、8月2日~6日が夜間開催、7日は昼間開催。

7日夜には花火大会が開催されて、フィナーレ!!♪

 

花火は、午後7時から打ち上げられ、ねぶたが7時15分から海上を運行します(゜ロ゜)

 

祭りの中でもおすすめの日が「4日~6日」と、ネットの住人は言っていますな!

(個人的には花火と、海上運行も観たいですが。)

 

特に、6日は大盛り上がり!の最高潮!!のようです。
ねぶたの迫力を存分に楽しめるのはやはり、夜間運行なのかな!

 

<百聞は一見にしかず>

 

・・・♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

ただの動画でも、迫力が半端じゃない!!

人々の声からも大盛り上がりなのが分かります。

ますます行きたくなってきた・・・

 

 

 おすすめ駐車場は?

 

開催期間中は、臨時駐車場がいくつも設置してあるのですが、

おすすめは、サンロード青森の駐車場とのこと。

 

行きは、サンロード青森からNTT青森(祭り開催地付近)まで無料マイクロバスがありますので安心みたいですね^^
帰りは混雑のため、徒歩やタクシーになるかもしれませんが、

NTT青森から南へまっすぐ歩けばサンロード青森に着くので、分かりやすいかと思います。

 

ねぶた初心者よ!!

合言葉は、「サンロード青森からねぶたへ!!」

これで決定だ!

 

 

・・・脱線失礼(笑)

 

 

7月29日追記
<臨時駐車場>

●無料臨時駐車場
A.堤埠頭(バス専用)
16:00~22:00 ※7日は利用不可
もよりのねぶた運行コースまで徒歩15~20分程度
B .新田浄化センター(バス専用)
16:00~22:00 (8/2~6)
11:00~22:00 (8/7)
もよりのねぶた運行コースまで車で約7分
C .サンロード青森(東側)(普通車専用)
10:00~22:00(開催期間すべて)
もよりのねぶた運行コースまで車で約10分

●有料臨時駐車場
D.青森操車場跡地北側(普通車専用)
1回500円
11:00~23:00(開催期間すべて)
ねぶた運行コースまで徒歩約15分

 

 

近くのショッピングセンターには「跳人(はねと)」と呼ばれる祭り衣装も販売されているので、

初心者だって何のその!(筆者は超初心者です。

 

思い切って、跳人をまとって、

「ラッセラー」のかけ声で参加してみるのも、よいでしょう!!

 

 

 青森ねぶた祭りに出没する「カラス」とは?

 

かつては、ねぶた祭りで「カラス」と呼ばれる者たちがいたのをご存知でしょうか?

 

彼らは、正式な衣装(跳人・はねと)ではなく、黒装束などの衣装でねぶたに参加して、

その光景がカラスのように見えると言うことで「カラス」と呼ばれるようになりました。

 

暴動などで目にあまる年もあり、逮捕者も出たため、

県及び主催は、伝統の祭りを守ろうと7年前からカラス対策に乗り出しました。

 

警官を多数配置した結果、現在「ねぶたのカラス」は激減傾向にあるそうです。

近年は、逮捕者もゼロに。

 

ということで、今や安心して、大迫力の「ねぶた」が楽しめます!!

ねぶと祭り!!!、是非一度体験してみてください。

(筆者も行くぞ!)

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す