仙台七夕祭りってどんなお祭り?その主役は笹飾りと「前夜祭」?

仙台伝統行事とも言われる、仙台七夕祭り。


青森ねぶた祭り、秋田竿燈祭りとともに、東北三大祭りの一つとされる有名なお祭りです。

 

でも、「七夕」っていう名前だし、

笹の葉を飾って、「わ~、きれい!!」

なーんていうか、若干子供だまし的な祭りなのでは?

と疑問を抱く、性格が曲がった筆者です^^;

 

青森ねぶた祭りに今年こそは行こうと決心をして早2ヶ月・・・(行きたい衝動を抑えきれず、先ほどこんな記事にもしました)

ねぶた行くなら、どうせなら東北三大ツアーなるものをやりたい・・・!

 

でも、前述の理由で、七夕祭りに疑問を抱いておりました(゜_゜>)

 

<七夕祭りってこんな感じ>

 

・・・綺麗です。

私の、2013年東北三大ツアー開催が、決定しましたw (理由は他にも。以下、いろいろと。)

 

 

 ズバリ、仙台七夕まつりの見所!

 

七夕祭りは、地元では「たなばたさん」の愛称で知られている、お祭りです。

 

アーケードをはじめとして、

市内全域の各商店街で様々な飾りつけがされた七夕飾りが、

頭上を華やかに埋め尽くします。

 

・・・市内全域とは、何という規模でしょうか\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

なんといってもオススメは、見た目も鮮やかですばらしい笹飾りの数々。

メインストリートは、この笹飾りで埋め尽くされて、

まるで絵画の中の世界にいる様だそうです。(注:筆者、そういうのに弱いです。)

 

青竹に吊るされた涼しげで長い吹き流しを風が通りぬけていく姿は、

見ているだけで夏の風情を感じて、癒されること間違いないし!

是非とも、浴衣をお召しになって、お出かけしたいものです^^

 

 ※サンモールから、一番町通りを約900m北進して、仙台市役所前の勾当台公園にあるお祭り広場へ向かっているのが七夕飾りのメインストリートだそうです。

スポンサードリンク
 

 仙台七夕まつりのお楽しみは前夜祭から♪

 

仙台七夕まつりは前夜祭があります。毎年8月5日に開催されています。

こちらは仙台の夏の夜空を彩る風物詩として、花火が打ちあがるのです。   (注:筆者は花火も好きです。)

普通のお祭りは、最終日に花火を打ち上げることが多いのですが、

前夜祭で打ち上げちゃうとは珍しいですよね。

 

しかも、規模が半端じゃない・・・!

 

その数 16,000発 (2012年実績)

 

 

<花火開催概要>

時間:19:00~20:30

場所:仙台西公園付近一帯

 

いやー、仙台七夕まつりは前夜祭がかなりの盛り上がりと予想されます。

一級の花火大会ですよ、これは見物です。

 

贅沢しちゃう方には、じっくりゆっくり花火を堪能できる有料観覧席もあります!

■パイプ椅子 3,000円 ※青葉山観光駐車場
■マス席(2~3人用)12,000円 ※仲の瀬橋上

チケットは以下で購入できます!
・チケットぴあ(セブイレブン・サンクスでも購入可)
・ローソンチケット
・イープラス(ファミリーマート)

 

 

 駐車場・・・(笑

 

駐車場もあるのですが、交通規制を考えて、よく調べておいたほうがよいでしょう。

でも、文字通り星の数ほどあります。

 

<仙台西公園付近(花火開催場所周辺)の駐車場>

仙台1

 

が駐車場です。

その数ざっと、112か所!

交通規制だけ気を付ければ、確保は難しくはないのでは?

 

 

<仙台七夕まつり>

◆ 開催日/平成25年8月6日(火)~8日(木) 前夜祭は5日(月)
◆ 開催場所/JR仙台駅前から中心部および周辺商店街
交通/JR仙台駅より徒歩5分。東北自動車道・仙台宮城ICから車で約12分

 

筆者は、密かに「牛タン」も楽しみしています♪

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す