山形花笠祭りは、彩り豊かな”踊りの祭典”♪ゲスト出演の芸能人も多数!

東北三大祭りは有名ですが、東北四大祭りと呼ぶ人もいます。

青森ねぶた祭り、秋田竿燈祭り、仙台七夕祭り、

 

そして、山形花笠祭り。

 

個人的には、色合いがかなり好みの祭りです。

(Youtubeレベルの話ですが。動画は記事の最後にあります。)

 

どんなお祭りか、ご存知でしょうか?

筆者はもちろんご存知ないので、さっそくチェックです!

 

花笠祭り

<山形花笠まつりパレード>
日程:8月5日(月)・6日(火)・7日(水)の3日間
時間:午後6時~午後9時30分

 

 花笠まつりとはどんな感じ?

 

山形花笠祭りとは、一言で表すなら、

 

3日間、山形の夏夜を彩る”踊り”の祭典。

 

です。

 

その歴史を少し話すと、もともとは山形で踊られるものではありませんでした。

山形市で踊られるようになったのは、昭和30年代。

初めは山形県蔵王観光で開催されている『蔵王夏まつり』のイベントの一つでした。

その後『山形花笠まつり』として晴れて独立!!

あれよあれよと、メディアなどにも取り上げられるようになり全国的に有名となりました。

 

花笠まつりの踊り手は約150団隊。(多いっ!)

市内目抜通りをパレードします。

 

各グループごとに統一した衣装を身にまとって、

山形県の県花である「紅花」をモチーフとした笠を手に持ち、

花笠音頭に合わせて、様々な”踊り”を披露します。

 

 

伝統ある踊りはもちろんのこと、

最近は若い人の参加も増えて、様々な工夫を凝らした踊りもあります!

踊りのスタイルは様々で楽しい!!Youtubeのみで興奮できる筆者幸せ!

 

山形の夏の夜を、熱くしてくれます!!(やべぇよ、行ってみたいよ…)

 

そして、なんと!!

踊り好きなあなた(そして、筆者w)!!飛び入り参加も可能とのこと!

 

踊りの先生もいらっしゃるそうで、安心。

参加チャンスは2回あるようで、

毎夜18時~ゴール付近の市役所で開催される輪踊りと、

パレードの最後尾の「飛び入りコーナー」です。

(プラカードが掲げられているので、それを目印に飛び込みましょう!)

スポンサードリンク
 

 山形花笠まつりのもう一つの注目すべきところは?

 

2013年で、51回目となる山形花笠まつり。

花笠まつり見せ所の一つとして、

毎年様々な芸能人や歌手など、著名人がパレードに参加します!

2012年は、八代亜紀さんや冠二郎さん、女優の加藤夏希さんなど、

多数の著名人が訪れました!

 

2013年は(個人的に)タレントの春香クリスティーンさんが、注目です^^

山形弁の歌で知られる朝倉さやさん(山形市出身)や、お笑いのテツandトモさんも、

山形の夏夜を盛り上げてくれるはず!!

 

●山形花笠祭り2013年ゲスト●

8月5日(月)
・葵ひろ子さん
・北見恭子さん&朝倉さやさん
・大塚文雄さん&五十嵐希さん

8月6日(火)
・春香クリスティーンさん
・テツandトモさん
・大塚文雄さん

8月7日(水)
・ロケット団さん
・鴻巣巧一さん&吉川わこさん&泉耕さん
・池田美保(声楽家)さん+服部幸應さん
・大塚文雄さん

 

 

・・・

東北三大祭りツアーに行こうと思っていた筆者ですが、

四大祭りツアーに変更する可能性大です(笑)

 

 

<花笠祭りの雰囲気♪>

 

<山形花笠まつりパレード>
日程:8月5日(月)・6日(火)・7日(水)の3日間
時間:午後6時~午後9時30分
パレード場所:山形市十日町~本町~七日町通りで実施いたします。
駐車場マップはこちら⬇

花笠祭り駐車場

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す