秋田竿燈祭りは一度は観たいね♪重要無形民俗文化財に指定されてます!

国重要無形民俗文化財に指定されている『秋田竿燈(かんとう)まつり』!!

みなさんご存知だったでしょうか?

筆者はもちろん知りませんでした(ドヤ顏)

 

そして、もう一つご存知でしょうか・・・?

筆者が「大のお祭り好き」ということに(照れ顔)

 

ということで、竿燈祭りにジャストミート!!

 

竿燈祭り

 

竿燈まつりってどんなおまつり?

 

竿燈祭りは、東北三大まつりの一つとされています。

お囃子のきれいな音色と、軽快な太鼓のリズム、

250本もの素晴らしい竿燈(かんとう)※が夏の夜空を黄金色に染めます。

※竿燈・・・ 親竹に横竹を数本取り付け,各々に提灯(ちようちん)をつり下げたもの。

 

もともとは眠り流しの儀式から始まったこのお祭り。

竿燈の先端に厄払いの御幣を取り付け、竿燈を高く掲げて五穀豊穣を祈願するものです。

竿燈は全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立ててあります。

 

竿燈は最大で高さ12m、重さ50㎏。(そんなの普通持てないよ・・・)

慣れていないとすぐ倒してしまいそうです。

こんなに大きな竿燈を絶妙なバランスで自在に操るお祭り男児、、、さすがです(゜ロ゜)

 

 

<竿燈祭りの雰囲気を味わおう>

竿燈まつり2013スケジュール
[ 会場 ]  竿燈大通り(全長800m)
[ 日程 ]  8月3日(土)-8月6日(火)
竿燈入場(18:55~)
竿燈演技(19:30-20:35)

※ 20:35~ は、写真撮影や、体験ができたりする、ふれあい時間となります。

スポンサードリンク

 

どうやって行って、どこで見学するの?

 

新幹線などで行く場合は、秋田駅から歩いて10分で竿燈通りに行けます。

交通の便が良いですね♪

 

車で行く場合は、周辺道路はかなりの混雑と、多数の交通規制がかかります。

早めの現地入りがおすすめです。

 

>>駐車場マップはこちら↓(クリックで拡大)

竿燈祭り 駐車場

 

 

観覧席(自由席)は特にありません。

お祭りは、竿燈大通り(全長800m)を全部使用して行いますのでどこからでもご覧になれます。

 

良観覧スポットは、中央分離帯に設置してある観覧席!

座席は背中合わせで、道路側を向く姿勢になります。

ひな壇席となるので、後ろからでもしっかり観覧できるようになっています。

 

 

●大人買い、やっちゃうよ!!って人のために!

枡席(定員6名)20,000円
S席(A席より一段高い場所になります)2,500円
A席(上記以外のひな壇、長いす席)2,000円

 

大人と子供は同料金となります。(シビアっす。)

ただし、乳幼児は無料です。

 

有料観覧席予約はすでに受付開始されていますので、
詳しくは、事務局(電話018-866-2112)まで連絡してみてください。

 

最終日(6日)の演技はとんでもない迫力みたいです!!

演技者のボルテージも最高潮!!豪快演技の大サービスかも!?

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す