七五三の着物を考える!3歳、5歳、7歳の年齢別!ついでに由来も。

伝統ある子供の行事、

七五三」の正しい祝い方を知っていますか^^

小さい頃の思い出といえば、「七五三」だなぁという方も多いのでは。

その昔、筆者も晴れ着を着て、てくてく歩きました。

とにかく晴れ着が重たくて、イヤイヤ泣きながら神社を歩いた思い出が蘇りますw

みんな、家族・親戚にしてもらったことがある七五三のお祝い。

七五三の”はてな”、まとめました☆

七五三

 

 

七五三とは

 

七五三(しちごさん)とは、3歳と7歳の女の子、そして、5歳の男の子の成長を祝って神社・寺などに詣でる行事です。

11月15日と制定されています。

11月15日は「鬼宿日」であり、何をするにも縁起が良いためこの日に祝うようになったそうです。

 

お祝いする年齢は、実は本来は数え年なのですが、

現在では満年齢で祝うことの方が多くなっているようです。

 

また地域によっては、

3歳の男の子も七五三に含めて祝う場合があります。

スポンサードリンク

 

七五三の着物の違いについて

 

七五三の衣装ですが、年齢によって着るものが変わっていきます。

七五三のお祝いは年齢によって、その意味合いが異なっているからですね^^

 

◆ 三歳「髪置(かみおき)」

・・・昔は3歳までは皆つるつるに髪を剃っていました。
ですが、3歳を機にこれから髪を伸ばし始めてよい!、ということで、お祝いをします。
まだまだ子供ではありますが、社会の一員になれたことを祝う行事です。
このときの女の子の衣装は「被布」といわれる肩からかけるタイプの衣装を体に纏います。

 

◆五歳「袴着(はかまぎ)」

・・・5歳の男の子が初めて袴をつける儀式です。

 

◆七歳「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」

・・・7歳女の子が初めて帯を締める儀式です。
それまでの付け紐の着物に代わり、これから一人前の女性として成長していくという意味で、

「帯をしめる着物を纏う」

というわけです。
これは、貞操を守るという意味合いもあります。

 

 

たまーに、3歳の子に通常の帯締めの着物を着せている方を見かけますが、

本来の意味でいうと、間違っています。

 

わかる人は少ないのかもしれませんが、

特にこだわりや、地方の風習・親族の慣わしなどがないのなら、

正式なものに則ってあげたほうが、良いと思います^^

(しかも、3歳児に限って言えば、帯が苦しかったり、着崩れをしてしまうなどの理由で、そこをカバーする意味でも、やはり被布が一番良いかと思います。)

 

最近ではお参りはせずに、写真撮影だけ済ませるご家庭も増えています。。。

 

が、 

せっかくですから、これまでの成長をご先祖様に見せてたいですね。(筆者はそう感じます。)

 

けれど、一番大切なことは、

「子供のこれまでの成長の感謝とこれからのますますの健勝を願う」

ことだと思いますので、

この想いがあれば、実際のところ何でもいいのかもしれません。

 

お子さんの健やかな成長をしっかりお祝いしてあげてくださいね^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す