WindowsXPサポート終了!あなたのPCは大丈夫?

Windows XP Office2003 IE6 などのサポート終了対策は万全ですか?

インターネットの世界の重鎮とも言われる、マイクロソフト社。
ビジネスの世界で活躍していた 「Windows XP」および「Office2003(ワードやエクセルなど)「Internet Explorer 6 」のサポートが終了されると発表されてから
かなり経ちました。

そして、あと2ヶ月もすればサポート終了です(汗)

日本では、企業と個人で約2500万台のXPマシンが利用されています。
かくいう筆者もファンの一人でして。

XPの使い勝手がかなりよかったので(操作性も軽くて快適でした)、
サポート終了されるのが残念でなりません。

これらのサポート終了により、一体どんなことが起こるのでしょうか?

 

サポート終了とは何が終わるの?

WindowsXP

マイクロソフト社が提供しているサポートとは、
「月例パッチ」などと呼ばれるセキュリティ更新プログラム。

セキュリティ更新プログラムは、原則として日本時間で毎月第2水曜日に公開されていますが、
これらのXP、Office 2003、IE 6向け更新プログラムが、2014年4月9日公開で最後…。

つまり、新機能のリクエストなどがマイクロソフトより受けられなくなります。

 

サポート終了によって、どんな影響があるのか?

 

2014年4月の月例パッチ提供の終了に伴い、どのようなリスクがあるのでしょうか?

検証によれば、
XPにおいてウイルス感染の危険性はInternet Explorer7 の約10倍も高いそう。

具体的にどんなことが起こる可能性があるかというと・・

  • 気づかないうちにウイルス感染
  • 自社のPCから取引先にウイルスを突然送りつけてしまう

など・・・。

セキュリティの脆弱性が大きくなるため、
これを機に、悪意をもった攻撃者達が、静かに広範囲な攻撃を開始すると想定されます。

これらの攻撃によって、会社の機密情報が漏洩するだけではなく、
気づかぬ間にサイバー攻撃の「踏み台」となる可能性も。

大事な取引先や知り合いなどに多大な被害を与える可能性もあります。

XPが登場した2000年代前半は「ワーム」というウイルスが危険とされていました。
近年は攻撃力も進化し、標的型となりつつあり複雑かつ巧妙な手口が使われるため、
OSを進化させないと、ウイルス対策も進化することはできないといわれています。

 

これらからの危険から、あなたのパソコンを守るには?

 

XP搭載のパソコンを使う続けることは、大変危険です。
サポート終了までに速やかにウィンドウズ7以上のPCに買い替えを検討してください!

なお、Vista搭載のPCも同じく2017年4月には終了します。
こちらも頭に置いて買い替えを検討が必要かもしれません^^

他人事と思っていたなら要注意です。
適正な処理を行っておかないと、自分だけがウイルスの被害に逢うどころか、
自分と関わる人たちにまでウイルス感染に巻き込んでしまうかもしれません。

もう一度、セキュリティについて見直してみてくださいね^^

あなたの役に立ちましたら、SNSでシェアしていただけますと幸いです^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す