鼻血の止め方【大人編】〜大人と子供じゃ止め方は違う〜

大人の鼻血って、大丈夫?

年をとるとどんどん、鼻血って出なくなる気が・・・
最後に鼻血出たのいつかもわからん^^;

子どもの鼻血は良く聞きますが、大人の鼻血はあまり聞かないですね。
大人の鼻血、出ちゃった場合、本当に大丈夫なのでしょうか?

子供の鼻血の止め方はこちら
→ http://pazzazztrivia.com/?p=1552

 

大人の鼻血

 

 鼻血の原因

 

子どもの場合はキーゼルバッハ部位という、
鼻の入り口近くの毛細血管が多い場所に触れることでの出血が大半なのですが、
大人はちょっと違うようです。

子どもは暑い時に鼻血が出ますが、
大人は乾燥していたり、冷たい空気に触れたりすることで鼻血が出ます。

また、花粉症などアレルギー性鼻炎だと、
粘膜が炎症を起こして出血することがあります。

大人は子どもに比べて血管も太くなっていますので、
出てしまった場合は、鼻血も多量になりがちです。

 

 鼻血に関する病気

 

大人、特に中高年になると血圧が高くなります。
それに、鼻の粘膜が弱ると出血することがあります。
キーゼルバッハ部位の出血ではなく、
鼻の奥の蝶口蓋動脈という太い動脈が切れて起こる鼻血です。

この場合、鼻からではなく口からも多量に出血します。
動脈硬化が原因で起こるのではないかと言われています。

また、病気や薬の影響による鼻血もありえます。

脳梗塞、狭心症、心筋梗塞の予防の為の薬である「抗凝血薬」の影響で、
鼻血が出やすくなることがあります。

肝臓の機能が低下している場合も鼻血が止まりにくくなることがあるようです。
歯を磨いた時に出血したり、内出血しやすかったり、
怪我をした時に血が止まりにくいなどの全身の出血傾向がある時は、
白血病、血友病などの血液の病気の可能性だってあるのです。

早めに医療機関に行って診てもらった方がいいでしょう。

スポンサードリンク

 大人の鼻血の止め方あれこれ・・・

 

まず、子どもと同じく「圧迫止血」

鼻の真ん中辺りにある骨の下の部分(小鼻)を親指と人差し指でぎゅっとつまみます。
そのまま10分位でおさまります。
血が喉に流れないように頭は少し下に向けます。

また、鼻血が出ている方のかかとを5回位強く叩くと止まるといった都市伝説も(?)
かかとには止血点があるようです。

また、鼻血が出ている方の足の親指を強くもう一人の人に踏んでもらいながら、
首の後ろの天柱のつぼを強く突き上げます。(相手がいないと出来ませんが…)
かなり痛いようなので大人向けです。

それでも止まらない場合は、耳鼻咽喉科に行った方がいいと思います(結局は。)

予防方法としては、ビタミンC摂取。
免疫力を高めて、粘膜も保護する役割がします。
野菜や果物を積極的に摂りたいところですね!

また、疲労、睡眠不足、食生活の乱れが続くと、鼻血が出ることがあるので、
生活習慣も整えていきましょう!

自分の身体の為にも日々心がけていきたいですね!!

あなたの役に立ちましたら、SNSでシェアしていただけますと幸いです^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す