ソチという街 ~冬季オリンピックも開催されるし~

2014年開催、冬季オリンピックまであと少し!「ソチ」を知ろう。

2014年開催冬季オリンピック。間近に迫ってきましたね。
今回の開催場所はソチです。みなさんはソチってどこにあるか、どんなところかご存知でしょうか?冬に向けて盛り上がりを見せている、ソチについてのあれこれ情報です。

 

 ソチってこんな町。

ソチ 地図 画像

「ロシアのリヴィエラ」とも呼ばれる最大のリゾート地ソチ。

2014年冬季五輪の開催地として選ばれたことで、
名前だけは聞いたことがある方がほとんどでしょう。

日本人にはあまり聞き覚えのない場所ではありますが、
黒海東岸に位置し、ロシアの保養地として毎年夏には多くの観光客で有名な場所です。

硫化水素を含んだ温泉などもあり、人気の一つです。

冬には雄大な大自然に雪が降り、ウインタースポーツも盛ん!

とはいえ、気候はリゾート地らしく、比較的年中温暖なのです。意外ですね。(ロシアなのに)

夏は30度を超え、冬も最高気温が10度くらいまで上がるときもあります。黒海は10月に入っても泳ぐこともできるほどです。

 

 ソチで有名な観光名所は?

ソチは治安も比較的良く、街の中心地にはゴミもなくキレイ。
よく整備された街です。

暗い道でも一人歩きする女性や子どもなども見られます。
そんな治安の良いとされるソチの観光名所、いろいろあります。

<画像はここから>
ソチ 樹木園
樹木園。

世界中の草花樹木を集めた大森林公園です。
山の斜面のあちらこちらに植物が植えられています。
ケーブルカーもあるのでケーブルカーで眺めを楽しむのも良いでしょう。
リヴィエラパーク
リヴィエラパーク。

ソチを訪れた観光客が定番で訪れるパークです。
子供から大人まであらゆる目的で楽しめます。

子供にはメリーゴーランド、ジェットコースターなどのアトラクションや水族館が人気です。
リヴィエラパーク周辺には5つ星ホテルが数多くあります。

 

 

 

 

クラスノヤ・ポリャーナ
スキーリゾート クラスノヤ・ポリヤナ(コーカサス山脈)

車で空港を通り越し山側へ行くと、スキーリゾート、クラスノヤ・ポリヤナがあります。
ここはオリンピック競技であるアルペン競技が行われる場所です。

スキーやスノーボードを楽しむのはもちろん、
オリンピックの開催会場を楽しむのもまた良いですね。

スポンサードリンク

 

 オリンピックの開催場所はどこ?

 

オリンピックの開催日は、2014年2月7日から2014年2月23日まで。

オリンピック会場は大きく2箇所に分かれています。

【市街地(オリンピックパーク)エリア】
…開会式、閉会式、フィギュアスケート、アイスホッケー、カーリング他

【山岳(クラスナヤ・ボリャーナ)エリア】
…アルペンスキー、ノルディックスキー、スノーボード、ボブスレー他
ソチ市内からは車で1時間ほど(40キロ)のところにあります。

ソチ市内から車で約 30分のところにあるアドレル地区は、
オリンピックスタジアムやフィギュアスケートの会場となる「アイスバーグ」などがあります。

ソチでは、現在の外国人観光客は10%にも達しません。
ロシア国内では有名ですが、国際的観光場所としての知名度はまだまだこれから。
特に日本人にとっては、ほとんどなじみのないものでした。

このオリンピックを機に、どんどん観光地としての知名度も上がることでしょう!

 

 ソチへ行く方法。

 

ソチ アクセス

ソチには、日本からは直行航空便がありません。

通常は、成田空港からまずロシア共和国の首都モスクワへ。
そこから乗り換えてソチに行く。

または、トルコ共和国の玄関口イスタンブールに行き、
そこから小さい飛行機に乗り換えてソチに飛びます。

イスタンブールは国が異なるので、手間が増えるかもしれません…

ロシアは短期滞在でもビザの発給が必要となります。
もちろん個人で手配するのもよいですが、旅行代理店などにお願いすると手間も省けるし、
セキュリティーの面でもやはり安全で快適です。

今回のソチオリンピックのツアーを組んでいる旅行代理店は以下です。

あなたの役に立ちましたら、SNSでシェアしていただけますと幸いです^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す