ダイビングの際の耳抜きの方法。その重要性と病気との関係!

深い海に潜って、地上では決して味わえない神秘の世界を見てみたい・・・☆

そう思ったことはありませんか?

私も憧れますが、耳が痛くなると聞いたことがあり、怖くて実行していません。

ということで、「耳抜き」をマスターします。

耳が痛くなる原因と「耳抜き」の方法を調べてみました。

 

耳が痛くなる原因は?

 

16

 

ダイビングで深く潜っていくと、水圧が上がっていきます。

 

普段の生活では均等に保たれている圧力ですが、

急に圧力の差ができると、

 

 

水の圧力が薄い鼓膜(図の赤いところ)に負担がかかり、

耳に違和感を覚えて、痛みを感じます。

 

山など標高の高いところに行ったり、飛行機やエレベーターに乗ったときにも感じますね。

 

ダイビングで耳が痛くなりやすいのは、

・気圧が変化している時

・水の中に潜水し続けている時

です。

 

深く潜るほど圧力がかかり、さらに耳の痛みも強くなります。

その違和感を解消させるのが「耳抜き」です。

 

耳抜き」の方法は?

 

ダイビングの前に飴をなめたり、ガムを噛んだりすると良いようです。

あごをよく動かして、つばを飲み込むことで「耳抜き」しやすくなります。

さて、耳抜きの方法です

  • 鼻をつまんで、鼻をかむように、そのつまんだ鼻から息を出そうとする方法(バルサルバ法)。内側から鼓膜を押し出すことで、鼓膜の内側と外側の圧力を同じにして、痛みをなくす方法です。
  • 鼻をつまんだまま、つばを飲み込む方法
  • 鼻をつまんだまま、あくびをする(大きく口を開ける)方法
  • 片方の耳が抜けにくい場合、浅いところまで浮上して、抜けない方の耳を水面にして「耳抜き」する方法

色々方法がありますので、ご自身に合ったものを見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク

 

いつ「耳抜き」をしたらいいの?

 

水圧の変化が高い、水深1mから6mあたりまでは、頻繁に「耳抜き」してください。

タイミングは、耳に圧力がかかってきたかな~と違和感を覚えた時に早めにやる良いです。

 

耳が痛くなってからでは遅いです。

 

水深が深くなってくると、水圧の変化が緩やかになるので、「耳抜き」の回数は少なくなります。

力強くやりすぎないように優しく、ゆっくりを心がけてくださいね!

 

体調によっては「耳抜き」がしにくいことがあります。

風邪、花粉症、寝不足、アルコールの飲みすぎなどです。(体調を整えることは、ほんと何かと大切なんですね・・・)

 

ちなみに、

「耳抜き」をしないでダイビングをすると、耳に圧力をかけ続けることにより、

鼓膜の内側の中耳に滲出液がたまってしまう「滲出性中耳炎」になる恐れがあります。

最悪の場合、難聴になることもある病気です。

 

耳抜きの最低限の知識を心得て、ダイビングを楽しんでくださいね^^

(上手く「耳抜き」が出来ない場合は、浅いところまで浮上してやり直してみてください。)

 

ダイビングが気持ち良いこの季節ですもの、「耳抜きマスター」→ダイビング初体験♪

私も今年こそは、ダイビングに挑戦出来そうです!

( ※ちなみに、、、耳抜きのことを英語で、pop your air というらしいです。)

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す