秋分の日と春分の日は彼岸の中日にある祝日です!そもそもなんで休みなの?

日本には、数多くの祝日があります。

この中で、筆者が疑問に思うのは「春分の日」と「秋分の日」

おなじみの祝日ではありますが、

2つの祝日は、なぜ制定されたのでしょう?

 

春分 秋分

 

春分の日、秋分の日とは

 

春分も秋分も、

「昼と夜の長さが同じになる日」

として知られています。

よって、夏と冬の間に秋分の日、冬と夏の間に春分の日が存在します。

 

ただ実際は、夜よりも昼のほうが長いそうです(驚)

だいたい昼夜が同じ時間になるのは、

春分・秋分よりも、それぞれ4日ほど冬至側にずれた日とのこと。

 

春分の日でいえば、4日前の3月18日頃

秋分の日でいえば、4日後の9月27日頃が、昼夜同じ時間になるようです。

 

また、春分の日と秋分の日の前後7日間は「彼岸」です。

春分・秋分は「彼岸の中日」と言われています。

故に、「祖先を敬い、なくなった人々を偲ぶ(しのぶ)日」ということですね^^

スポンサードリンク

 

なぜ、祝日?

 

春分と秋分は昼と夜の長さが同じというだけで、祝日になったのでしょうか?

 

突然ですが、
ご存知のとおり、天皇誕生日は祝日です。

戦前は天皇崇拝だったため、
歴代天皇の命日をすべて特別な日としたいという考えがありました。

けれど、歴代の天皇はその数が多いので、
彼岸の中日を春季皇霊祭・秋季皇霊祭として祭日に定めて、

歴代天皇の魂をすべて祀れるようにしたのです。

春分と秋分は、戦前の「皇霊祭」の名残なのですが、

戦後は天皇崇拝に関するものがすべて改められたので、
皇霊祭が春分の日・秋分の日と名称を変えて、「休日」が続いています。

 

国民の祝日とハッピーマンデーについて

 

2000年施行の

「国民の祝日に関する法律及び老人福祉法の一部を改正する法律」によって、

祝日(海の日や敬老の日など)が月曜にされることになりました。

いわゆるハッピーマンデーです。

 

原則的には、3連休になるように移動されます♪

ちなみに、2013年は3連休以上となる日が10回もあるのです!

まさに、ハッピーマンデーさまさまですね^^

 

けれど祝日の中で、

春分の日と秋分の日はハッピーマンデーが適用されていません

春分と秋分は、太陽の動きによって決まるためです。

だから、春分の日は3月20日を、

秋分の日は9月23日を基本として、

太陽に合わせて日が変わります。

 

ちなみに、筆者の結婚記念日は9月23日です☆(どうでもいいですよねw)

選定基準は、

ハッピーマンデーが適用されない=9月23日は常に祝日

ということで、この日にしました。
(太陽の動きのせいで、たまに違うこともあるが^^;)

 

秋分・春分を結婚記念日にする方は多いようで、

筆者の場合、兄も親友も9月23日を結婚記念日にしてましたよ(笑)

 

ただし原則、春分=3/20と秋分=9/23なだけで、太陽の動きで変化します。

太陽の動きをもとに、頭の良い方が計算すると、

向こう10年の春分の日と秋分の日は、(左=春分、右=秋分)

2013年 3月20日(水) 9月23日(月)
2014年 3月21日(金) 9月23日(火)
2015年 3月21日(土) 9月23日(水)
2016年 3月20日(日) 9月22日(木)
2017年 3月20日(月) 9月23日(土)
2018年 3月21日(水) 9月23日(日)
2019年 3月21日(木) 9月23日(月)
2020年 3月20日(金) 9月22日(火)
2021年 3月20日(土) 9月23日(木)
2022年 3月21日(月) 9月23日(金)
2023年 3月21日(火) 9月23日(土)

こんな感じです^^

秋分より、春分の方がズレが目立ちますね。

筆者、秋分の日を記念日にしてよかったです^^

 

シルバーウィーク!!

 

2009年は、秋分の日が9月21日で、敬老の日が9月19日でした。

その間の9月20日が国民の休日となるため、合計5日間の大型連休となりました^^

シルバーウィーク と世間では騒がれていましたよね♪

 

この、奇跡の長期連休(シルバーウィーク)は、

次回は2015年、次々回は2026年にやってきます☆

今から楽しみでなりません^^

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す