日傘って、結局何色がいいの?真夏の必須アイテム考察。

 

女性にとって、日常でもはやなくてはならないのが日傘

ここ数年で、紫外線のレベルもかなり深刻化しているため、
体を守るための重要なアイテムの一つです。

みなさんは日傘を選ぶとき、

「結局何色がいいの??」

ってなりませんか・・・?

 

日傘

 

日傘の効果を知る。

 

最近は、暑さ対策のために日傘を使用している男性もちらほら。

 

日傘の効果とは、

・太陽の日照りから体を涼しく守る
・紫外線防止

です。

 

紫外線から体をしっかり守りたい!

↑これを最重要にして選ぶときには、
紫外線を効率的に遮断してくれる日傘を捜す必要があります。
(当たり前ですが^^;)

上記を満たせば、暑さ対策にもなります。

ここで重要になってくるのが「遮光率」といわれるものです。

遮光率とは、傘が遮る光の量を「%」で記しているもの。
遮光率が100%の場合は、完璧に光を遮断します。

日傘購入の際は、遮断率を確認しましょう!

 

昔からよくある、レース調の薄い布の日傘は、(淡い色のやつ)
光をぼんやりと通します。。。

 

これは遮光率が低いということ注意です!

スポンサードリンク

 

結局、日傘の色はどれが効果的か?

 

日傘の主流は白と黒
紫外線を効果的に遮断すると言われています。

 

では、この2色の違いは一体何でしょうか?

 

白は光を跳ね返す色、黒は吸収する色です。

となると、
実温度、体感温度を含め、”暑さ”では黒の方が分が悪いです。

 

ですが、白色は、、、

実は、光を跳ね返すと同時に、光を透過する効果もあります(驚)

透けて明るく見えるのは、、、”これ”が原因です。

 

結論、日傘で最も効果的に紫外線を遮断できるのは黒!

 

ということになりますね^^
(通常の生地の場合です。詳しくはのちほど。)

 

ちなみに、
最近のおしゃれ日傘の中で、緑色というのもあります。

緑は白より紫外線を透過するので、チョイスする場合に注意が必要です。
(日傘の本質から外れてしまいます。)

 

結論!

 

通常生地では黒に勝るものはないという結論ですが、

最近はUVカット加工された傘があります。

 

UVカット加工されているのであれば、
実質的には色は関係なくなるんですって(爆)

お値段は、財布に優しくないですが、
洋服のコーディネイトによって、日傘の色が変えられますし、

何より効果が最強ですので、
体を守りたい!!という方は必須です。

しっかりと、UVカット加工された日傘を選ぶようにしましょう^^

ただし、UV効果は2~3年と言われていますので、
2~3年をめどに買い換えるようにしましょう!!

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す