寒暖差アレルギー!症状と寒暖差の度合い。風邪だと思ったら大間違い!

 

最近テレビや雑誌でよく目にする「寒暖差アレルギー」っていったい何でしょう?

夏の昼間はすごく暑くて、朝と夜は急に涼しくなったり・・・
寒暖の差が大きいと感じることがあります。

 

朝、鼻水が止まらなくなったり、くしゃみで起きたりなんてことはないですか?

 

  • 風邪引いたのかな?
  • 花粉症かな?

と、思いがちですが、もしかしたら「寒暖差アレルギー」かもしれません。

 

寒暖差アレルギー

 

「寒暖差アレルギー」ってなに?

 

寒暖差によって鼻の粘膜の血管が収縮することで、鼻水、くしゃみなどの症状が出ます。

 

風邪の症状に似ているため、注意が必要です。

 

気温にに合わせて、必死に身体が体温調節をすることにより、
自律神経が乱れることが原因。

自律神経が対応できる温度差は約7℃(7度)と言われています。
それ以上の温度差になるとうまく対応出来なくなってしまい、乱れが生じます。

 

こうして、「寒暖差アレルギー」が発症します。

 

「寒暖差アレルギー」は、成人女性がなりやすいようです。
女性は男性に比べて筋肉が少なく、体内で熱を作るのが苦手

そのため、自律神経に影響するわけです。
(ちなみに冷え症になりやすいのも、同じ理由です。)

 

寒暖差アレルギーの症状としては、

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、喉の痛み、頭痛、皮膚のかゆみ、食欲不振、イライラ・・・
などなど、かなり幅広~く症状がでます。

そのまま放置すると悪化して、喘息になることもあるようなので注意です。

 

風邪や花粉症との違いを見極めるポイントは、

  1. 目に充血がない
  2. 鼻水が透明
  3. 熱がない

風邪の症状が続くが、上記1.2.3には該当しない場合、寒暖差アレルギーを疑った方がいいかもしれません。

耳鼻科などで検査することができます^^

アレルギーを起こす原因の物質(アレルゲン)が見つからないものが、「寒暖差アレルギー」に該当すると言われています。

 

「寒暖差アレルギー」を抱えている人はどれくらいいるのか?

 

風邪や花粉症の症状に似ているため、「寒暖差アレルギー」の症状に気付かない人も多く、正確にはどのくらいの発症者がいるかわかりません

 

しかし、潜在患者は1万人を超えると言われています。

 

そして、今年は異常気象の影響で寒暖差がある日が多いため、病院で診断を受ける人が例年の2~3割くらい増えているようです。

 

また、恐ろしい事に、

寒暖差アレルギーを悪化させてぜんそくになり、死亡する人が年間1000人以上いるそうです。

 

「寒暖差アレルギー」の対策を教えて!

 

ずばり、寒暖差を少なくすることです!(汗)

 

そのままじゃん・・・という声が聞こえてきそうですが、

これが一番の近道かと思います^^;

 

  • 寒さや暑さを感じたら、上着などでこまめに調節する
  • マスクなどで鼻の粘膜を守る
  • ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって、リラックスする

 

これらの行動で、自律神経を整える生活を心がけましょう!

 

 

夏はエアコンが活躍します。

最近は弱冷房などの気を使ってくれる電車の車両などがありますが、まだまだ外気と室内の気温の差は大きいですね。

オフィスの冷房温度は調節できないことも多いかもしれませんが、室外と室内の寒暖差を少なくすることが一番大切です。

 

そういえば、

筆者の親戚の子どもがまさに”この症状”がでており、寒暖差アレルギーについて調べて、せっかくだからと記事にしました。

 

その子は、毎朝いきなりくしゃみの連発。鼻水が止まらなくて起床。

 

けれど、原因はその子の生活態度にありました。

扇風機の前に座り込んだり、お風呂上りにパジャマを着ないでずっと遊んでいたり・・・

そんな生活だったからか!!と親が反省していました。

親が注意をして、子供が生活を改め、症状は改善してきているとのことです。

 

寒暖差を作らないように、筆者も生活を見直さなくては!と思ったのでした。

 

この記事が寒暖差アレルギーに悩むあなたの一助となれば幸いです。

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す