世界陸上2013モスクワ大会の有力選手&注目選手はコイツだ!!

 

世界陸上2013、モスクワ大会いよいよ開幕!!

2年に1度の真夏の祭典☆

世陸2013は、8月10日(土)からです!

 

毎年、織田さんの名キャスターぶりが話題を呼びます^^

けれども、今日は、有力選手紹介です♪

世界陸上モスクワ

 

8月に入り、いよいよ開幕目前に迫ってきた世界陸上モスクワ大会。

この世界陸上はテレビでばっちりと中継されます。(TBSが独占中継)

メインキャスターを、ずっと勤めている織田裕二さんも何かと話題ですw

 

けれども、織田語録特集はまた今度にして、

世界陸上2013の注目選手と見所を一挙紹介!!

 

世界陸上2013 モスクワ

 

世界陸上(世界陸上競技選手権大会)とは、トップアスリートが一堂に集う陸上の世界一決める大会。

212の国と地域が参加していて、オリンピック、サッカーワールドカップなどと並ぶ、大規模なスポーツイベントです。

この世界陸上は、今回で14回目。意外に歴史は浅いのです。

第1回大会は1983年8月にフィンランドのヘルシンキで開催されました。
(当時、筆者は0歳w)

当初は4年に1度開催をしていたのですが、1991年の東京大会からは2年に1度の開催となっています。

 

今大会の注目すべき選手は?

 

世界陸上2013は見どころが多すぎると、全力で語る織田裕二氏。

織田さんにそこまで言わしめる、今大会の有力&注目選手をピックアップ!!

 

 

◆山縣亮太(やまがたりょうた)(21=慶大)

山縣亮太

第97回日本陸上競技選手権大会の男子100メートルで優勝した注目選手です。
空手で精神を鍛えて、頭と体をフルに使って繰り出すダイナミックな走りに注目です。

日本人初の9秒台を賭け、モスクワの地を駆ける、慶應ボーイです。(そして、イケメン!)

 

お笑い芸人の山里亮太さんと一文字違いで、山里さんのTwitterは炎上しました(笑)

 

◆ 桐生祥秀 (きりゅうよしひで)(17=洛南高3年)

桐生祥秀

“ジェット桐生”という通り名のとおり、今年4月に男子100m日本歴代2位の記録である”10秒01”を出したスーパー高校生。

洛南高校の練習場は80mしかないというのだから驚愕です。

この話を聞いたら、練習環境は絶対に言い訳にできません(汗)

 

10秒01は17歳では、歴史上世界最速!!

 

あのボルトも

「”キリュウ”をそっとしてやってくれ、若き才能をつぶしてはいけない」

と発言しました。

 

伝説のボルトが認めた、日本の若き天才です。

今大会では、山縣とともに100メートルでの9秒台突入が期待されます。

 

◆ダリヤ・クリシナ

ダリア・クリシナ

”ロシア”の、美しすぎる走り幅跳び選手。22歳。

そう、今大会はモスクワでの開催です。

地元ロシアが最も期待する選手の一人です。
2011年の世界陸上選手権で「美しいアスリートがいる」とその名が一気に広まりました。

180cmというスーパーモデル級な長身と美貌を兼ね備え、さらには確かなアスリートとしての実力も持っています。

 

なにせ、2013年世界室内陸上では見事に”優勝”しました。

今大会も、彼女の美しさと力強さにに、メロメロになる視聴者が続出でしょう。

 

◆ヨハン・ブレイク

ヨハン・ブレーク

ジャマイカの陸上選手(100m&200m)。23歳。

 

2011年世界陸上男子100mの金メダリスト。

彼は100m・200mともに同国ウサイン・ボルトに次ぐ、世界歴代2位の記録を持つ

昨年のジャマイカ選手権では、ヨハン・ブレークが100mと200mの2種目とも、ボルトに勝っています!

 

世界最速の男ボルトの、最大のライバル。

 

モスクワの地で、ボルトの持つ世界記録「9秒58」越えか?と言われていたブレイクですが、、、

 

残念なことにハムストリングの負傷により、今回の世界陸上モスクワ大会を欠場することになりました。

 

筆者個人的には、一番の残念できごとです・・・。

 

 

いよいよ目前と迫った世界陸上2013モスクワ!

世界中にどんな驚きと感動を届けてくれるのでしょうか。

新たなスーパースターが誕生するのか?

ウサイン・ボルトがさらに行ける伝説と成るのか?

 

がんばる選手を応援して、私たち視聴者は寝不足で張り切りましょう!!

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す