ゲリラ豪雨の原因を知って、事前回避しょう!!

夏の定番キーワードとしてすっかり定着した、ゲリラ豪雨。

発端は2008年に発生した集中豪雨。全国で大きな災害事故をもたらしました。

この「ゲリラ豪雨」は、報道の一部ではかねてから使われた言葉だったようですが、

2008年流行語大賞にもノミネートされ、そこからこの言葉が世間一般に広まるようになりました。

(筆者も、2008年にさっそくゲリラ豪雨体験しました・・・きらきらアフロのイベント「アフロソニック」が中止になりましたよ。大阪まで遠征したのになぁ・・・)

さて、ゲリラ豪雨のメカニズムを知れば、事前に逃げられるんじゃないの?って話です。

 

ゲリラ豪雨 画像

 

 

ゲリラ豪雨の原因とは何か

 

そもそも突然の大雨とは、

上空の大気の状態が不安定になり、積乱雲が発生して大量の雨を降らせることです。

(昔は、「夕立ち」とか「通り雨」なんて呼んでましたよね。)

 

じゃ、「大気の状態が不安定」って何さ??

もちろん、筆者もわかりませんので調べました(汗

スポンサードリンク

 

「積乱雲発生のメカニズム」は、

地上の暖かい空気と上空の冷たい空気がぶつかり合ったことを発端として、

上空の冷たい空気の中で、暖かい空気からでる水分が凝固して積乱雲に変わります。

だから、「大気が不安定」というのは、

地上の空気と上空の空気の差が激しく、そして強くぶつかること

なんて言えるのではないでしょうか。

 

さてさて、メカニズムは続きます↓

 

積乱雲は、さらに偏西風の中に含まれる冷たい風によって巨大化していきます。

地上の熱さ(夏なので暑さ)が高ければ高いほど、冷たい風とのぶつかり合いが激しくなり、

より大きな雷雲を作ります。

 

「ゲリラ豪雨」というのは、こういった状況の中で、

突然に発達した雷雲ができて、30分~2時間程度で一気に豪雨を降らせることです。

短時間で大量の雨が降るので、災害をもたらしてしまうのです。

(いわゆる、バケツをひっくり返したような雨ですね)

 

日本においては、地上と上空の温度差が一番激しくなる夏が、

ゲリラ豪雨の条件が揃うので、夏はよくニュースでお目にかかります。

 

補足ですけど、 (筆者は車に乗りませんが・・・8年ペーパードライバーなので…)

地上の車熱や、エアコンの排気熱が溜まって浮遊粒子状物質と呼ばれるものを生み、

これが雲の発生を助長してしまう説もあります。

都市部にゲリラ豪雨が発生しやすいのは、こういった原因もあるのではないかと言われています。

 

だからといって車乗るな!とは言えませんが、

エアコンの使い過ぎには注意したいものですね。

 

こうやって、メカニズムをみていくと、

ゲリラ豪雨は、温暖化の産物の一つだと考えられますね。

 

ゲリラ豪雨で被災するのはほとんどが「屋外活動者」です

 

夏場に突如発生するゲリラ豪雨から、どうやって身を守ればよいのでしょうか?

 

調査によると、災害に見舞われた方々の多くが屋外で被災されています。

遊びや作業に集中するあまり、気象の変化に気づかず巻き込まれることもあるようなので注意が必要です!

 

最近はスマートフォンで注意報などを確認することもできますが、

以下の点は、自分の目で確かめられますので、

ゲリラ豪雨を回避できるかもしれません!

 

真っ黒い雲が見え、こちらに近づいているように見える
◆ 夏なのに、急に冷たい風が吹きだす
◆ 雷鳴が聞こえたり、稲光が見え出す
◆ 大粒の雨が降り始める(ヒョウだとさらに注意

 

こういった何がしかのサインが見えたら、

作業は中断して、早めに非難しておくことが大切です。

 

車に乗っていても油断はできません。

突然、道路が冠水して被害を受けた方もいますので、

道路や、鉄道をくぐる道路(アンダーバス)には注意が必要です。

 

注意不足で、巻き込まれて被災してからでは遅いですよ!

こうなります↓

2

 

冗談はさておき、(失礼しました。)

ゲリラ豪雨のメカニズムを知って、風や雲の変化を感じれば、

ゲリラ豪雨の被害を回避できる確率が、かなり上がるのではないでしょうか!

この記事がみなさまの役に立てば幸いです。

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す