お雑煮レシピで全国横断!関東・関西・地方のお雑煮作り方☆

お正月…家族が揃って食べる代表的な元旦の食事といえば、「お雑煮」

筆者、大好物です^^

筆者の生まれは中部地方なので、至って普通のお雑煮でした☆
(カツオだし醤油ベースの半透明のおつゆに、鶏肉、お餅、菜っ葉。)

・お雑煮はなぜ正月に食べるの?
・地域によってお雑煮の中身が違うのはなぜ?

なーんて、大人になってからは思っていましたが、
今日はお雑煮情報をお知らせします!

 

お雑煮を食べる由来

 

日本料理として慣れ親しまれているお雑煮は、
日本各地で食されている代表料理です。

雑煮といえば、そう、お餅ですね。

お餅というのは昔は高級品でした。
お餅は昔から、正月に限らず「お祝い事」や特別な日に食べるもの。

スポンサードリンク

新年を迎える際に、大晦日に収穫した海、山の幸を奉納して、
その後に力を授かるためわけあって食べる際に、
幸と共にお餅を煮物にして食べられたのが由来とされています。

なんだか難しいですが(笑)

そのときの煮物名が「煮雑(にまぜ)」と言われ、この言葉が雑煮となっていったようです。

 

東西でどれほど違う?お雑煮の中身。

 

お雑煮 関東 関西

クリックで拡大!

地域によって雑煮の中身も味付けも様々です!
調べてみるとおもしろい!

各地方の収穫物や特産品が異なるため、お雑煮も地域色豊かになったんでしょうね^^

ところでお餅の形。みなさんの地域はどの形のお餅が入っていますか?
筆者の中部地方は、四角でした!(中部地方で丸の人います?)

東では四角いタイプの角餅、西では丸餅が使われているようですね。

…これはなぜか?

江戸時代に人口が集中していた江戸は、作業も煩雑になるため、
手で丸めなければならない丸餅より、手っ取り早くカットして数多く作れる角餅が使われたんだとか。

一方関西では縁起かつぎで、昔から「円満」の意味を持つ丸餅が使われていたとのことです○

おつゆ(お汁)の味付けも様々!
東日本と関西地域を除く西日本は、すまし汁仕立てです
関西地方は味噌仕立てなのです…!

中には小豆汁でできたお雑煮も存在するのだとか。(筆者甘いのとしょぱいの同居するの苦手です。)

いや~、いろいろ食べ比べしてみたいものですね~!

 

全国のお雑煮あれこれ

 

さて、地域色豊かなお雑煮ですが、
数あるお雑煮の中でもちょっと変わった珍しいお雑煮をご紹介します。
(いつもどおり、筆者の個人的見解!!)

◆ 奈良 きなこ雑煮

きなこ雑煮

 

見た感じ、「?」って感じですね^^;

雑煮の餅を砂糖入りのきな粉につけて「あべかわ餅」のようにして食べるようです。

椀の中では、

  • 人の頭になるように頭芋(ヤツガシラ)
  • 豆腐は白壁の蔵
  • コンニャクは土蔵の象徴で蔵が建つようにと四角
  • 丸く一年過ごせるようにと餅は丸餅、大根・ニンジンは輪切り
  • きな粉の黄色は米の豊作を願う

かなりふか~~い意味があり、家族の健康と子孫繁栄を願っています。

お餅に少し塩っけがついて、
それをきなこにつけて食べるというのがなかなかハマる味とのことです。

 

◆ 香川 あん餅雑煮

あん餅煮雑煮

これはなかなかの衝撃的な組み合わせです。

白味噌仕立ての中にあんこがくるまれたお餅が入っています…!

ほんのりした甘みががほっとする味わいとのこと。

口の中で想像してみるものの・・・まったく思い浮かびません!
気になります・ω・

…個人的には別々に食べたいですが(笑)

 

さてさて、調べ見ると全国さまざまなお雑煮があるようで・・・いかがでしたか?

たとえば遠方の方と結婚した際
、いつも食べている雑煮の形と違う!意外と一緒のタイプだ!
などと感じることも多いのではないでしょうか?

日本の食べものは雑煮に限らず地域色で、しっかり彩られたものが多い
と記事を書いていてふと感じました。

この記事があなたの役に立ちましたら、SNSでシェアしていただけると幸いです。

スポンサードリンク


★役立つ記事はシェアしよう★

コメントを残す